Get Social

転職に強い!建築系エンジニアの資格について

全ての業務に携われる建築士

建築系の職種で最も必要とされるのが、全ての建築行為に関われる建築士です。設計だけでなく、設計通りに工事が行われているかどうかをチェックする監理業務も独占的に行えます。業務上建築士の人材がどうしても必要な業種は多いため、転職市場においても高いニーズがあると言えるでしょう。建築士になるには、建築系の大学や専門学校を卒業するか、実務経験を得る必要があります。業界的には一級建築士が最も信頼のおける資格として認識されていますね。

コンサルティング業務には技術士

技術士とは技術関係のスペシャリストであり、難関国家資格のうちの一つです。専門分野が多岐に渡っており、技術士の建設部門や環境部門などが、建築分野の転職では有力な資格として認識されています。難易度の高い建設工事においては、ゼネコンやコンサルティング会社の技術力が必要不可欠であり、また、国や地方自治体が公共工事を発注する際には、発注の条件として技術士が何人所属しているか会社なのかをチェックしているという事情もあるのです。

建築現場では建築施工管理技士

設計やコンサルティングだけが建築の仕事ではありません。実際に様々な職種の作業者を指揮して、工期や工事予算を考慮して設計図通りに建物を造り上げることは、建築施工管理技士の仕事の醍醐味と言えるでしょう。どんなに設計が優れていても、建物を実際に工事現場で造るのは施工管理職であり、建築関連職の中でも常に施工管理技士の人材が求められています。有力な資格としては、一級建築施工管理技士であり、どのような規模の工事でも携われるため、ニーズも高いです。

施工チェックや工程の進捗管理などを業務とする施工管理技士は建築業界で好待遇の求人が多く出ていますので探してみましょう。

Comments are closed.