Get Social

介護の中心は公的介護保険制度リスク回避のための知識

公的介護保険制度の特徴

介護保険制度というのは難しい仕組みではないので3つの仕組みを理解できれば大枠をとらえることはできるでしょう。保険料については40歳以上の国民は原則強制加入で掛け捨て型の終身払いになります。65歳以上は年金から天引きで、それ以外は各医療保険を通じて徴収されるのです。サービスの利用条件は65歳以上で特定疾病にかかっていないことを条件に申請して認定されれば、利用が可能となっています。そして、利用者負担は1割ですが利用限度額を超えると10割負担となるのです。

介護度が高ければお得なのか!?

介護保険サービスは1か月あたりの限度額が決められていて介護度に応じて異なります。要介護度が上がるほど1か月あたりの利用限度額は上がりますが同じサービス内容でもデイサービスやショートステイなど要介護度が高いほど利用料が高くなるものがあるのです。限度額を上げたいがために、認定調査の際に過剰に演技をして高くしてもらおうとする人がいますが、必ずしも介護度が高ければお得になるとは限らないので覚えておきましょう。少なくとも利用限度額の範囲内でおさまっている限りは介護度が低いほうがむしろお得であることも少なくないのですよ。

限度額内で利用できるサービスとは!?

介護サービスは在宅サービスと施設サービスに大きく分けられて、サービスの単価は国が決める公定価格があるため同じサービスであればどの事業者も基本的には同一です。例えば、訪問介護の中の身体介護は20分未満と20分以上30分未満、30分以上1時間未満で自己負担額が異なります。実際に20分未満でできることは排泄の介助くらいなので、食事の介助となれば30分以上は必要となるでしょう。そう考えると、仮に家族の介護が期待できない状態で排せつ介助や食事介助が必要なら少なくとも1日3回の訪問介護が必要で、それだけで介護保険サービスを使い切ることになります。

介護の求人は今後団塊の世代が後期高齢者に差し掛かる2025年頃までは増加するものと予測されています。

マンスリーマンションを賢く使えばビジネスがより便利に

便利なマンスリーマンションを使ってみましょう

マンスリーマンションが最近人気があります。遠距離の勤務先に一定期間プロジェクトを行う事はビジネスにおいてはよくあることです。このような時、、マンスリーマンションを有効に活用すれば滞在をとても快適なものとする事ができます。基本的に家具や家電が完備されているので、事前に準備するものが少なくて済むのが特徴です。勤務地や、出向先に近い場所を探しやすく、短期間なので、費用が安くすむというメリットもあります。

マンスリーマンションを選ぶ際の注意点

ビジネスホテルに滞在するか、マンスリーマンションに滞在するかは難しいところですが、滞在期間がある一定期間以上になるならマンスリーマンションにした方が経済的です。光熱費や、最低限必要な家具や家電が備え付けてありますので、安心して快適に生活する事が可能となります。マンスリーマンションは最近人気があるので豊富な物件の中から、自分の仕事に適した物件を容易に見つける事が可能となります。職場の近くで探せればベストです。

会社として契約する方がお得な場合も

出張や、出向がたまに特定の社員に限られる場合でしたら都度契約をすれば問題ないのですが、大きなプロジェクト等で頻繁に大勢の社員が移動する場合は会社として、法人契約を締結した方がお得になる可能性が高いです。最近はビジネススタイルの変化が早く、また複雑化していますのでプロジェクトも短納期化しています。複数人で仕事を進めたほうが効率的な場合も多くありますので、法人名義でマンスリーマンションを契約すると料金だけではなく、お得な特典が用意されている場合もあります。

観光や出張などで長期滞在をしたい場合にはホテルに宿泊するよりもマンスリーマンションを使うのがお得です。

ページ:12345