Get Social

知ってた?「看護師」と「准看護師」のちがい

看護師を求める声が高まっています

医師の診療を補助したり、患者さんの身の回りのお世話をすることが看護師の主な仕事です。看護師の活躍の場は日に日に広がっており、その背景には、高齢化による医療・福祉のニーズ増加、そして医療の高度・専門化があります。病院はもちろんのこと、介護施設や訪問看護といった現場でも、バイタルチェックや専門的な業務を行える看護師の必要性が高まっています。また最新の設備や技術を用いた医療も現在進行形で更新されているため、理論と実践の両方に通じたプロフェッショナルな看護師が現場では求められているのですね。

「准看護師」になるには

准看護師とは、国家資格ではないものの、都道府県知事によって認められた免許を持つもののことをいいます。中学卒業後に衛生看護科をもつ高校に進学して、3年間(定時制は4年間)勉強すると、准看護師の試験にチャレンジできます。准看護師は看護師(求人などでは正看護師と表記されます)と、何が異なるのでしょうか。第一に、都道府県知事によって交付される免許なので、国家資格ではないという点。第二に、看護師とちがって、医師の指示なしでは業務を行なうことができないという点が挙げられます。

国家資格「看護師」になるには

看護師になるためには2通りのルートがあります。准看護師の資格を取得してから、看護師になるための学校に進む道が1つ、高校卒業後に専門学校や短期大学、あるいは4年制の看護大学に進学してストレートに看護師を目指す道がもう1つです。近年では医療の専門化が進んでいるため、4年制の看護大学でしっかりと学ぶ人も多いようです。とはいえどの年齢からでも目指すことのできるのが看護師。思い立ったら機を逃さずに一歩を踏み出して、まずは自分がどこで勉強を始められるのか調べるのが良さそうですね。

看護師の求人を探すには色々と方法がありますが、最近は医療関係の求人サイトが登場しているので、そちらを活用して仕事を探すのがオススメです。

転職に強い!建築系エンジニアの資格について

全ての業務に携われる建築士

建築系の職種で最も必要とされるのが、全ての建築行為に関われる建築士です。設計だけでなく、設計通りに工事が行われているかどうかをチェックする監理業務も独占的に行えます。業務上建築士の人材がどうしても必要な業種は多いため、転職市場においても高いニーズがあると言えるでしょう。建築士になるには、建築系の大学や専門学校を卒業するか、実務経験を得る必要があります。業界的には一級建築士が最も信頼のおける資格として認識されていますね。

コンサルティング業務には技術士

技術士とは技術関係のスペシャリストであり、難関国家資格のうちの一つです。専門分野が多岐に渡っており、技術士の建設部門や環境部門などが、建築分野の転職では有力な資格として認識されています。難易度の高い建設工事においては、ゼネコンやコンサルティング会社の技術力が必要不可欠であり、また、国や地方自治体が公共工事を発注する際には、発注の条件として技術士が何人所属しているか会社なのかをチェックしているという事情もあるのです。

建築現場では建築施工管理技士

設計やコンサルティングだけが建築の仕事ではありません。実際に様々な職種の作業者を指揮して、工期や工事予算を考慮して設計図通りに建物を造り上げることは、建築施工管理技士の仕事の醍醐味と言えるでしょう。どんなに設計が優れていても、建物を実際に工事現場で造るのは施工管理職であり、建築関連職の中でも常に施工管理技士の人材が求められています。有力な資格としては、一級建築施工管理技士であり、どのような規模の工事でも携われるため、ニーズも高いです。

施工チェックや工程の進捗管理などを業務とする施工管理技士は建築業界で好待遇の求人が多く出ていますので探してみましょう。

ページ:12345