Get Social

子育て中でも賢い働き方をしてお金を稼ごう

子育て中のママを悩ますいくつかの問題

子育て中のママさんでも、少しでも仕事をして家計を助けたり、子供の教育資金を貯金したり、お金を稼ぎたいと思っている方も多いのではないでしょうか。しかし、子育て中のママさんだからこそ、クリアーしなくてはならない問題がいくつかあるのです。幼稚園のお迎えや病気の時など、働く前に考えておかなくてはならないことが色々とあるのです。ママ自身だけでなく子供のことを一番に考えた働き方が出来なければ、せっかく始めた仕事も続けることが難しくなるでしょう。

子供の寝ている深夜の時間を有効に使う

お子さんが寝てしまった深夜に仕事をしているママさんを時々見かけます。ファミレスやコンビニなど通勤に時間がかからない身近なところにあるのも助かりますし、何より時給がいいというメリットもあります。子育て中なので毎日となると身体的に厳しいかも知れませんが、週末だけ働くというのもいいのではないでしょうか。子育てに影響がないような働き方が出来ると思います。ただし、パパの協力が不可欠なのできちんと了承を得てから始めるのがいいでしょう。

子供と一緒に楽しく稼ぐ

ベビーカーに乗せられるくらいのお子さんでしたら、お散歩を兼ねてポスティングのお仕事はどうでしょう。お子さんと一緒にご近所を周りながら楽しく仕事が出来そうですね。ノルマが決まっているので、あまり欲張らないことが楽しく稼ぐ秘訣かもしれません。新聞の集金業務も子育て中のママさんにピッタリの仕事で、月に何日か集金に行くだけで意外と高収入なのも魅力です。自分のペースで仕事が進められるというのが大きなメリットです。

主婦のパートをできるだけ早く見つけたいならば、求人サイトを参考にして、自分の適性を考慮しながら探しましょう。

保育士は実は国家資格!一生使える資格です

あの時の夢をかなえてみませんか。

「将来の夢は保母さん!」と子供のころ言っていた女性は多いのではないでしょうか。子どもに優しく笑いかけ、一緒に遊んでくれる保母さんは、将来の人気の職業でした。しかし、最近では、「外科医になりたい」「ヘアメイクさんになりたい」など、子ども立ちの夢も変化していますね。夢をあきらめた皆さんに、朗報です!今、保育士さんのニーズが高まっています。今後試験もさらに受けやすくなり、就職支援も増やそうという国も動きもあるんですよ。

子育て経験のあるママに特におすすめ

保育士さんになるためには、養成学校を卒業するか、保育士試験に合格しなければなりません。学校に通うのはちょっと・・・という人でも大丈夫!保育士試験は、専門学校や短大、大学を卒業していれば、誰でも受けられますよ。勉強する内容は子供に関することがほとんどだから、子育て経験のあるママにはイメージもしやすくて、とっても勉強に有利なんです。しかも国家資格だから、日本全国で使えるし、一生資格は有効です。子育てがひと段落したら社会復帰したい、そう考えている女性の方にもとってもおすすめの資格です。

試験対策は通信講座がおすすめ。

仕事や育児、家事などと勉強を両立するのは大変ですが、保育試験は科目ごとの合格制度があるから、3年かけて合格することができるんですよ。スクールに通う時間がなかったり、一人で勉強するのに不安がある方には、社会人向けの通信講座がおすすめです。書籍での勉強と違って、サポートがあるから、わからないところはなんでも質問して教えてもらいましょう。出願の仕方や、学習のコツなんかもしっかり教えてくれるような通信講座を選ぶのがおすすめです。子育て経験を活かして国家資格をゲットしちゃいましょう!

保育園での求人は保育士の資格をとってからすぐの未経験者でも採用してくれますので良い求人を選んでみましょう。

ページ:12345