Get Social

公的介護保険は大切!介護保険料のポイントとは?

介護保険の概略と被保険者

介護保険は、もし介護が必要な状態になった場合に、介護サービスをその介護状態の程度に応じて一定の限度額まで原則1割の自己負担で利用できるサービスです。介護が必要になった人だけでなく、介護が必要になりそうな予備軍についても要支援者として給付を受けられることが特徴です。保険料を支払うべき被保険者は2種類ありますのでその点はしっかり把握しておくべきでしょう。65歳以上の第1号被保険者と40歳から65歳の第2号被保険者の2種類です。

会社員の介護保険料負担

介護保険は社会保険方式の公的な制度ですから、被保険者は保険料を負担する必要があります。会社員の場合は標準報酬(月給)や標準賞与(ボーナス)から一定率を負担することになっています。多くの会社員は第2号被保険者に該当することになるため、健康保険料と合わせて介護保険料が天引きされます。健康保険料は協会けんぽの場合は県単位、組合健保の場合は組合単位で料率が設定されていますが、介護保険料は全国一律であることを知っておくといいでしょう。

会社員以外の介護保険料負担

会社員本人以外も、40歳になったら介護保険料を負担する必要がありますが、会社員の配偶者で国民年金の第3号被保険者に該当する場合は、その配偶者独自の保険料負担がないことは理解しておくといいでしょう。厚生年金保険料に第3号被保険者の国民年金保険料が含まれているのと同じような考え方で、第2号被保険者全員で第3号被保険者分を負担しているということです。また自営業等の人の場合は、国民健康保険料と合わせて納付するというのが一般的な保険料負担の方法です。

介護に就職をする事によって、高齢化社会の日本で安定した収入を得る事が出来ます。将来的にも安定する事が考えられています。

Comments are closed.