Get Social

まかないもつく!飲食店アルバイトの良いところ

飲食店アルバイトとは

例えば大学生なんかは、少しでも学費や家計の足しになればと、たくさんアルバイトをして稼ぎたいと思うものですよね。いろいろなアルバイトがありますが、飲食店でアルバイトってどんな仕事をするのでしょうか。飲食店でのアルバイトは、主にホールを担当する場合とキッチンを任される場合とがあります。ホールスタッフは食事を運んだり注文を受け付けたりする仕事で、キッチンでは料理を作ったりドリンクを入れたりするのが主な仕事です。

飲食店のアルバイトで身に付くこと

どうせアルバイトをするなら、何か今後も役に立つスキルというものをついでに身に着けたいものですよね。飲食店のアルバイトでは、たとえばキッチンスタッフなんかを任された場合、やっぱり料理の腕前というのは向上するものですよ。料理を上手に作るのって簡単ではないですけど、長くやっていたりするとかなり熟練してきます。またホールスタッフではマナーや身だしなみ、接客などに特に厳しいので、接客技術などは特に向上するかもしれませんね。

飲食店アルバイトの良いところ

飲食店アルバイトをするいちばんの良いところとしては、まかないがつくというところではないでしょうか。特に学生なんかは、一人暮らしをしていると何かと生活費がかかるものですから、できるだけ節約したいものですよね。飲食店アルバイトでは、まかないつきのものも多く、アルバイトで稼ぎながらしかも食費を節約することができてしまうのです。中にはまかないがつかないお店もありますので、求人を探す際には是非とも確認してみましょう。

アルバイトに慣れていない人で働きやすいのが飲食店の求人です。経験の無い人でも歓迎をしてくれる求人が多いです。

こんな所ではバイトしてはいけない!?ブラックバイトあるある

ブラックバイトとは!?

現代社会では、ブラック企業という言葉を、よく新聞やテレビなどでも耳にすることがありますよね。正社員で働いている方だけでなく、最近は学生さんやパートさんにも悪質な働き方をさせるような会社があるようです。そのような会社で働いてしまうと、学業にも支障が出たり、精神を病んでしまったら元も子もありません。ブラックバイトやブラックパートがあることはわかっているけれど、入ってみなければわからないこともありますよね。

正社員並みの責任を任される場所は要注意!

ブラックバイトの特徴は、正社員同様のノルマや責任を負わせることが挙げられます。例えば、クリスマスにケーキを販売しているお店などで、売れ残ってしまった時に定価で買わせようとすることです。他にも、飲食店で働いていると、どうしても忙しい時にお皿を落としてしまったりすることもありますが、損害賠償請求されたりすることですね。また、決められた時間以上働いたのに、サービス残業になってしまい、残業代がもらえないことも問題です。

周りの人に相談しよう!

学生さんは若いので、会社で働いた経験が少ないということもあり、おかしい会社に入っていても、この会社は普通なのだと思い込んでしまうこともあるようです。長時間働いていたり、正社員並みの責任を任されることは問題ですので、何かおかしいと感じた場合には、両親や友達に相談したり、労働基準局に電話して相談することも大切です。もし、ブラックバイトに当てはまるようなバイト先であれば、なるべくすぐに退職するようにしましょう。

大手のメーカーで働きたい場合には、ドコモの求人を活用できます。スマホなどの販売やアフターサービスに関わっていくことが可能です。

ページ:12345