Get Social

就職・転職を有利に進める求人情報ツールを使いこなすには?

求人サイトをチェックする!

昼間は仕事でなかなかハローワークなどに行く時間がないケースに非常に便利なのが、ネットで検索できる求人サイトで自分の希望を明確に探す事が出来ます。仕事の時間が不規則であったり、忙しくて求人をチェックする時間がない時に隙間時間や空いた時間に気軽に検索できるメリットがあります。民間のサイトもありますが、ハローワークの全国の求人がチェックできるサイトもあるのでUターンやIターン希望者も情報を得る事が可能です。

転職フェアなど説明会を活用する

自治体や商工会が主催する転職フェアは多くの企業と気軽に接触できて、企業の雰囲気や部署などの話を聞けるチャンスでもあります。行っただけで満足するのではなく、キチンと目的意識を持って話を聞けば第一印象もよく自分自身の利益にもなります。細かい仕事内容や社の雰囲気を聞けるので、質問事項を予めメモなどに書き出しておけば聞き漏れもありませんし印象もグッと良くなります。仕事内容以外にも研修制度や福利厚生・転勤希望の有無・給与体制を確認します。

情報冊子などをチェックする

転職情報誌や新聞などは気軽に業界別・地域別などで検索できる上に待遇や給与なども比較しやすいので、非常に便利です。新聞などは求人情報以外にも経済情報や最新のニュースをチェックできるので、必ず購読するべきです。転職情報誌には求人内容以外にも就職に関するノウハウや業界の事情・体験談なども掲載されているので役立ちます。自分が希望する職種の求める資格や免許などもチェック出来るので、今後の学習計画を立てやすくなります。

ネットワークエンジニアのやりがいとは、自分のイメージしたとおりに動作した時の喜びになります。また、たくさんの知識を吸収できるというメリットもあるのです。

転職のチャンス!エンジニア不足をチャンスに変える

未経験者歓迎が激増中

どの業界においても、エンジニアの不足が問題となっており、好調な経済の足をひっぱる不安定要素として注目を集めています。確かに、最近のエンジニア向け求人には、「未経験者歓迎」「実務経験不問」といった、これまでのキャリアを問わない求人が目につくようになっています。従来は、いくら知識があったとしても、実際にエンジニアとして働いた経験がない人を雇い入れることを、企業は嫌がっていましたが、現在は全くその状況は異なるようです。

ソフトウェア業界のエンジニア不足は特に深刻

特に、コンピューターのソフトウェア関連のエンジニア不足は深刻な状況で、企業が求人をだしても、思うように人が集まらないと、採用担当者は四六時中頭を抱えている状況です。最近では、日本人のエンジニアだけでなく、東南アジアや南アジアといった外国の国々のエンジニアまで視野に入れて、求人をだす企業も増えています。人が少ないにもかかわらず、この分野の仕事は増える一方なので、深刻なミスマッチが生まれているんですね。

WEB系のエンジニアは転職の大チャンス到来

このような人手不足が慢性的に続いている状況下においては、エンジニアなら誰でも転職のチャンスであることは間違いないでしょう。今の職場に満足しているという人でも、転職について考えて見る価値はあるのではないでしょうか?年収の大幅アップや、勤務条件が格段に良くなることだって考えられますよね。今の恵まれた状況がいつまで続くかわかりませんが、チャンスを逃さないというのは、とても大切です。自分のキャリアのことを長い目で考えてみて、正しい決断をするのがいいですね。

全国の都市部を中心に再開発事業が広く行われており、建設需要も高まっていることから、施工管理の求人は増加傾向にあります。