Get Social

転職のチャンス!エンジニア不足をチャンスに変える

未経験者歓迎が激増中

どの業界においても、エンジニアの不足が問題となっており、好調な経済の足をひっぱる不安定要素として注目を集めています。確かに、最近のエンジニア向け求人には、「未経験者歓迎」「実務経験不問」といった、これまでのキャリアを問わない求人が目につくようになっています。従来は、いくら知識があったとしても、実際にエンジニアとして働いた経験がない人を雇い入れることを、企業は嫌がっていましたが、現在は全くその状況は異なるようです。

ソフトウェア業界のエンジニア不足は特に深刻

特に、コンピューターのソフトウェア関連のエンジニア不足は深刻な状況で、企業が求人をだしても、思うように人が集まらないと、採用担当者は四六時中頭を抱えている状況です。最近では、日本人のエンジニアだけでなく、東南アジアや南アジアといった外国の国々のエンジニアまで視野に入れて、求人をだす企業も増えています。人が少ないにもかかわらず、この分野の仕事は増える一方なので、深刻なミスマッチが生まれているんですね。

WEB系のエンジニアは転職の大チャンス到来

このような人手不足が慢性的に続いている状況下においては、エンジニアなら誰でも転職のチャンスであることは間違いないでしょう。今の職場に満足しているという人でも、転職について考えて見る価値はあるのではないでしょうか?年収の大幅アップや、勤務条件が格段に良くなることだって考えられますよね。今の恵まれた状況がいつまで続くかわかりませんが、チャンスを逃さないというのは、とても大切です。自分のキャリアのことを長い目で考えてみて、正しい決断をするのがいいですね。

全国の都市部を中心に再開発事業が広く行われており、建設需要も高まっていることから、施工管理の求人は増加傾向にあります。

Comments are closed.